当院では新型コロナウイルス感染症の疑いがある患者さまに対して基本的にはPCR検査にて検査を実施しております。

抗原検査も院内に準備はございますが、高熱が続く場合など症状が強くみられ、ウイルス量が多い場合の精度はPCR検査と大差はみられませんが、ウイルス量が少ない場合や罹り始めなどは陽性が出ずに見逃しが危惧されております。

従って当院の検査法はPCR検査にて検査を実施させていただいております。

また検査は院内で実施いたしますので、結果は15〜30分程度で判明いたします。

 

PCR検査との違いは下の表をご覧ください。

検査種類 抗原定性検査 抗原定量検査 PCR検査
〇調べるもの ウイルスを特徴づけるたんぱく質(抗原) ウイルスを特徴づけるたんぱく質(抗原) ウイルスを特徴づける遺伝子配列
〇精度 検出には、一定以上のウイルス量が必要 抗原定性検査より少ない量のウイルスを検出できる 抗原定性検査より少ない量のウイルスを検出できる
〇検査実施場所 検体採取場所で実施 検体を検査機関に搬送して実施 検体を検査機関に搬送して実施
〇判定時間 約15分 約30分+検査機関への搬送時間 当院の場合は 約30〜60分程度
葵クリニック