ブログ

  • blog

    PCR検査を受けられた方へ

    検査を受けた方は医師が新型コロナウイルス感染症の可能性があると判断された方です。

    下記を一読いただき注意して生活を送るようにお願いいたします。

    陰性であっても発熱時に備えてアセトアミノフェン系(カロナール等)の解熱剤の処方を推奨しております。処方を希望されない場合には医師の診察時に「投薬不要」の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。

    陽性判定が出た方はこちらをご覧ください

     

    • 公共交通機関の利用は避けて、自宅で過ごしてください。

    今回の検査で陰性であってもまだ陽性判定が出ない偽陰性である可能性もございます。新型コロナウイルス感染症に罹患しているかもしれないという意識を持って注意して生活をしてください。

     

    • 一般的な衛生対策を徹底してください

    石けんやアルコール消毒液を用いて手洗い手指消毒を徹底してください。

     

    • 健康状態を毎日確認してください

    上記でも記載いたしましたように偽陰性の可能性や発症前の可能性があります。毎朝夕に検温を行い、発熱の有無を確認してください。また咽頭痛や鼻汁、咳、呼吸苦等の症状が現れた場合にはすぐに医療機関を再度受診してください。

     

    • 体調が悪くなったときには、すぐに当院へ連絡してください(078-939-7778)

    症状がある場合は公費でPCR検査を何度でも受けることが可能です

    新型コロナウイルス感染症を広げないためにも自己判断せずお気軽に当院までご相談下さい。

     

    • 濃厚接触者となった場合には接触から5〜7日後に注意が必要です

    濃厚接触者となり検査をされ陰性が出ても5〜7日後に陽性判定が出たケースが多くみられます。

    決して安心せず体調の変化に注意してください。不安が残る場合には再度検査を受けるようにしてください。

     

     

    陽性判定が出た方へ

    入院は、症状や重症化リスクの高さによって医師が判断します。

    「無症状・軽症」と診断され、医師が入院不要と判断した場合は、宿泊または自宅療養となります。

    現在隔離期間は原則として発症日から 10 日間ですが、症状によって延長となる場合があります。

    また同居のご家族様は濃厚接触者となりますので保健所の検査を待たずに検査を希望される場合はお早めにお申し出ください。

     

    保健所からの電話をお待ちください

    管轄の保健所から順次連絡が入りますので下記の項目にスムーズな対応ができるようご準備ください。

    • いつから、どのような症状があったか
    • 症状が出た日の 2 日前からの出勤・登校、習い事などの外出先
    • 同居している家族
    • 緊急連絡先

     

    自宅療養期間中の過ごし方

     病院の病床が満床の場合や、宿泊療養施設が満床の場合、医師の判断で軽傷と判断されたには自宅療養となる場合がございます。
    療養期間中は毎日、1日2回(午前9時頃、午後5時頃)、体温測定等ご自身の健康状態の観察を行ってください。
    また同居の方は、基本的に濃厚接触者に当るため、同居の方も毎日健康状態の観察を行ってください。

     

    お薬について
    対症療法でお薬を当院より処方いたします。
    また現在服薬中の薬がある場合は、余裕をもって3週間分程度ご用意ください。服薬中のお薬が足りなくなる場合や既に無い場合は当院担当医師にご相談ください。

     

    ご家族の過ごし方

    • 患者さんと同居の方が接する時は、必ずマスクを着用てください。
    • 不織布マスク(サージカルマスク)を使用し、マスクを使用した後は、マスクの表面、目や口に触れないように注意して外してください。 マスクを外した後は、すぐに手洗いまたはアルコール消毒を行ってください。
    • ご自宅の生活エリアを分けて共有部(トイレ、風呂等)は使用後しっかりと消毒を行ってください。

     

    上記の事柄に注意していただき、不要不急時以外の外出はおやめください。

    ゆっくりと療養を行い管轄の保健所の指示に従うようお願いいたします。

    保健所からの連絡がない状態で体調に変化があった場合には当院まですぐにご相談下さい。(078-939-7778)

    お大事になさってください。

     

    (さらに…)

    2021.08.13 , ,

  • blog

    当院の新型コロナウイルスに対する検査法

    1 NEAR法

    NEAR法(等温核酸増幅法)にて実施します。
    当院で使用する検査装置は、遺伝子増幅方法を用いており、短時間で結果がでます。この検査はPCR検査と同等の陽性一致率 93.3%、陰性一致率98.4%とほぼ同等の精度で遺伝子検査として、米国でも広く使用されており、日本の厚生労働省でも承認されている信頼性の高い検査法です。

    また本検査装置の特徴として15分で陰性か陽性かを判別することが可能で海外渡航の陰性証明でない場合や、感冒様症状がひどい場合にこちらの装置を使用することで早く結果を知ることができます。

     

    2 RT-PCR法

    PCR法(ポリメラーゼ連鎖反応)にて実施します。

    当院で使用する検査装置は厚生労働省と国立感染症研究所の検証で性能が確認され、新型コロナウイルスの検出について陽性一致率100%陰性一致率100%として結果が発表されました。

     

    2021.07.31 , , , , ,

  • blog01

    【再掲】発熱外来(PCR検査)について

    現在、新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴い感染症外来にて毎日多数のお問い合わせを頂いております。

    発熱、咳、倦怠感などの感冒様症状がある方、接触確認アプリ(COCOA)で通知があった方は健康保険(公費)でのPCR検査を行っております。

    事前にお電話をいただくかネット予約を行い来院してください。

    お車で来院された方に関してはドライブスルーにて検査を行いますので駐車場に到着されましたら到着のご連絡をして頂きそのまま車内でお待ちください。

    徒歩や自転車で来院された患者様に関しては建物内には入らず入り口前でご連絡をいただけましたら職員が専用の別室へ案内いたします。

    症状がなく陽性者との接触歴がない方のPCR検査は自費(税込 13,000円)の費用負担が発生致します。

    唾液による検査は期待されたメリットよりデメリットの方が多く現在、当院では大人の方には原則行っておりませんので予めご了承ください。

    当院のPCR検査は自院内にPCR検査の装置を準備しており、他の医療機関への影響がでない体制を整えております。

    検査結果は40分から60分程度でお知らせさせて頂きます。

    2021.05.01 ,

  • blog01

    発熱外来(PCR検査)について

    現在、新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴い感染症外来にて毎日多数のお問い合わせを頂いております。

    発熱、咳、倦怠感などの症状がある方、接触確認アプリ(COCOA)で通知があった方は原則、健康保険(公費)でのPCR検査を行っております。

    事前にお電話をいただくかネット予約を行い来院してください。

    お車で来院された方に関してはドライブスルーにて検査を行いますので駐車場に到着されましたら到着のご連絡をして頂きそのまま車内でお待ちください。

    徒歩や自転車で来院された患者様に関しては建物内には入らず入り口前でご連絡をいただけましたら職員が専用の別室へ案内いたします。

    症状がなく陽性者との接触歴がない方のPCR検査は自費(税込 13,000円)の費用負担が発生致します。

    唾液による検査は期待されたメリットよりデメリットの方が多く現在、当院では大人の方には原則行っておりませんので予めご了承ください。

    当院のPCR検査は自院内にPCR検査の装置を準備しており、他の医療機関への影響がでない体制を整えております。

    検査結果は40分から60分程度でお知らせさせて頂きます。

     

     

    2021.04.09 , , ,

  • blog01

    新型コロナウイルス感染症の当院での検査について

    当院では新型コロナウイルス感染症の疑いがある患者さまに対して基本的にはPCR検査にて検査を実施しております。

    抗原検査も院内に準備はございますが、高熱が続く場合など症状が強くみられ、ウイルス量が多い場合の精度はPCR検査と大差はみられませんが、ウイルス量が少ない場合や罹り始めなどは陽性が出ずに見逃しが危惧されております。

    従って当院の検査法はPCR検査にて検査を実施させていただいております。

    また検査は院内で実施いたしますので、結果は15〜30分程度で判明いたします。

     

    PCR検査との違いは下の表をご覧ください。

    検査種類 抗原定性検査 抗原定量検査 PCR検査
    〇調べるもの ウイルスを特徴づけるたんぱく質(抗原) ウイルスを特徴づけるたんぱく質(抗原) ウイルスを特徴づける遺伝子配列
    〇精度 検出には、一定以上のウイルス量が必要 抗原定性検査より少ない量のウイルスを検出できる 抗原定性検査より少ない量のウイルスを検出できる
    〇検査実施場所 検体採取場所で実施 検体を検査機関に搬送して実施 検体を検査機関に搬送して実施
    〇判定時間 約15分 約30分+検査機関への搬送時間 当院の場合は 約30〜60分程度

    2021.01.17 , , ,

  • blog

    新年のごあいさつ

    謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
    昨年は新型コロナウイルスとの戦いで、様々な業界において悩み、苦しみ、新たな生活様式の対応に追われた年でありました。
    葵クリニックでは、外来診療の一部制限、発熱外来の設置、エントランスでの検温などを行い、通院の皆さまには大変なご迷惑をおかけするとともにご協力を頂きました。
    当初は感染防護具も不足し、不安の中での診療体制でありましたが、地域の皆さまよりマスクや手袋の提供などをはじめ、多くの支援と励ましのお言葉、更に職員の医療人としての使命感に支えられ診療を維持することができました。改めて皆さまに感謝の意を伝えたいと思います。
    葵クリニックはこのように地域の方々と職員に支えられ開院4年目の年を迎えることができました。
    開院以来、地域の皆さまに安全で質の良い医療と健康増進・介護の提供を目標にしてまいりました。
    昨年夏には移転もありましたが、コロナ禍の中にも関わらず、約1,000名様近い人数が内覧会に訪れていただきました。
    このコロナ感染症の時代の中にあっても感染対策を十分備え皆さまに信頼され、安心して受診していただけるような体制を整えてまいります。
    新しい年が新型コロナウイルスの脅威に打ち勝ち希望に満ちた明るい年となることを願い新年のご挨拶といたします。
    2021年 1月1日
    葵クリニック   院長

    2021.01.01

  • blog

    登録販売者の診断書について

    最近登録販売者の診断書をご希望されてご来院される方がいらっしゃいますが、診断書のフォーマットがなく困っている方をよく見かけます😐

    こちらから登録販売者の診断書をダウンロードできますのでご活用ください:)

    登録販売者診断書

    2020.10.27

pagetop